top of page

【10/31-11/2】秋の修学旅行に行ってきました!


志高湖での集合写真



熊本学習支援センターは、大分県別府市、熊本県阿蘇市で、2023年10月31日(火)~11月2日(木)の2泊3日で「秋の修学旅行」を開催しました!




今回の修学旅行では、日本財団「子ども第三の居場所」の助成を受け、小学生から高校生までの不登校の子どもたちに、普段の生活から離れて自然の中でのキャンプなど集団での体験活動や宿泊体験の機会を設けました。小学生から高校生まで16名の子どもたちが参加しました。


一日目は大分県別府市にある水族館の「うみたまご」に行き、海の生き物の観察、イルカショーなどを見学後、地獄温泉巡りをしました。



うみたまごで魚にタッチする子どもたち




地獄温泉めぐりを楽しむ中学生たち



二日目は森林の中でアスレチックが楽しめる「フォレストアドベンチャー別府」に行き森林の中でのアクティビティに挑戦しました。高いところが苦手な子どもたちもいましたが、みんなで協力して声を掛け合いながら楽しみました。


フォレストアドベンチャーでアクティビティに挑戦する中学生





三日目は熊本県阿蘇の北里柴三郎記念館に行き歴史を学んだ後、草千里にいき杵島岳登山をしました。

あまり運動が得意ではないKくんは「最後まで登ってみたい!」という本人の強い意志があり、スタッフのサポートのもと、ゆっくりではありましたが一歩一歩確実に歩みを進め、最後まで登りきることができました。

ラストスパートには先に登っていた子どもたちもKくんのもとへ降りてきて、励ましあって手を取り合いながらサポートしました。

頂上からの景色をみて「登ってよかった。達成感が半端ない!」とKくんも話していました。





へとへとになりながらも頂上についた!!!


熊本学習支援センターは現在県内に複数教室を設けていますが、今回の参加者は普段通っている教室も年齢もばらばらで今回の修学旅行が初対面の子どもたちも多くいました。ですが、さまざまな観光地や体験をする中で、異学年の交流が自然と生まれ、子どもたち同士が仲良くなる姿がありました。参加した子どもたちからは「楽しかった!」「いろいろな体験をするから暇な時間がなくてよかった」「学年は違うけど仲良くなれて嬉しかった」「また行きたい!」との感想があり、スタッフもとても嬉しかったです^^♪



ハイキングのあとの足湯を楽しむ子どもたち



杵島岳山頂での記念写真

閲覧数:64回
bottom of page